フォト
無料ブログはココログ
2015年2月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

2015年2月28日 (土)

いよいよ明日から実施です。 泉北高速鉄道運賃値下げ。

C975c8cd43eecdd66495c1a0adfad2f3


Aadc1f39e13b26775761ebc8c9bce84e


3a8abc2edf4914f5e3cd65da3abbfa7d

2015年1月30日 (金)

泉北高速鉄道の値下げ、3月1日から!

堺市の泉北ニュータウンと堺市中心部、大阪市を結ぶ泉北高速鉄道の運賃の値下げが、3月1日から実施されることが南海電鉄、泉北高速両会社から発表されました。
長年のニュータウン住民の願いがいよいよ実現することになりました。
泉北ニュータウンー南区から泉北高速ー南海電鉄を乗り継での運賃は、南海電鉄単独の同距離と比べて100円も高くなっています。(なんばー光明池間)   これがなくなり南海電鉄の距離運賃と同額になります。
この運賃値下げをめぐっては、橋下徹知事時代に大阪府が筆頭株主(49%保有)である泉北高速鉄道の運営会社を「完全民営化」する方針をうちだし、松井一郎現知事が株式売却を米国ファンド会社に売却する議案wを提案し、維新の会からの造反をだし、議案は否決、維新の会の府議会過半数割れをおこし、「維新の会崩壊」へのはじまりともなったものです。
もちろん、この状況つくりだしたのは住民運動があり、日本共産党の奮闘がありました。
泉北ニュータウンはまちびらきから50年がたとうとするなかで、まちの再生が大きな課題となっています。
全国的にも鉄道運賃値下げという鉄道にはめずらしいこと。これを作り出した力をいっせい地方選挙に向けて発揮して頑張ります。

2015年1月 9日 (金)

今年もよろしくお願いします。

2015年、今年も元日は泉北ニュータウンの多治速比売神社前での新年宣伝からスタートしました。 新年のご挨拶ビラも作成し、4月の府・市議選挙の候補者を先頭に、衆院選での躍進をさらに4月の選挙で、とご挨拶しました。

今年は新聞のクロスワードパズルに数多く取り組もうと、元日に4つをやりました。
フェースブックばかりになり、ブログはほったらかしになってしまいましたが、努めて発信します。1507806_619136324899195_41249017932


10896999_619136441565850_4098270080


10882186_619510754861752_1112056843

2014年12月11日 (木)

ご無沙汰しております。

ブログの更新をまったくやらないで、申し訳ありません。
と言っても、どなたもご覧いただいていないでしょうけど、申し訳ありません。
このところはフェースブックのお友だち内の交流だけにかまけていました。
とにかく、目下総選挙の真っ最中、大阪17区候補、日本共産党ー吉岡たかよし事務所で活動中です。
今回の選挙は、安部政権の度重なる暴走を、国民とともにストップさせ、国民の声が生きる新しい政治をつくるための選挙です。 日本共産党の躍進が期待できる、大きなチャンスがおとずれています。
あと3日間、全力で頑張ります。

2014年5月16日 (金)

大阪府よ、泉北ニュータウンからの“逃げ得”は許さないぞ!

大阪府よ、泉北ニュータウンからの“逃げ得”は許さないぞ!

鉄道株売却の利益は、この町と住民のために 

 

泉北ニュータウンへの入居が始まってあと3年で50年になります。半世紀のおよぶニュータウンの歴史の中で、唯一の鉄道である泉北高速鉄道の高い運賃の値下げはニュータウン住民の〝最大の要求〟と言ってもいい言い過ぎではないものでした。その運賃値下げが実現の見通しとなりました。鉄道運営会社の株式を大阪府などが南海電鉄に売却することになり、①南海線と泉北線乗継の運賃値下げ、②通学定期の割引率の引き上げなどの売却条件を受け入れることになったからです。

株式売却先決定にいたる昨年末からの経過は、米国のファンド会社への売却案が府議会で否決され、府議会での過半数割れという維新の会の退潮を決定づける象徴的な事態を引き起こすことにもなりました。運賃値下げという長年の要求実現は素晴らしいことに違いありませんが、府保有株売却という方法しかなかったのか、私はこの点を十分検証する必要があると思っています。

泉北ニュータウンは国策に乗って大阪府がすすめた事業でした。半世紀近くの経過の中で今、府が進めたさまざまな仕事が終了しています。これまでも、大阪府から堺市に移管された事業や施設が多くあります。民間に引き継がれたものもあります。「府の事業が終了」といいましたが、私は「終了」というよりむしろ「府が手をひいていく」という表現のほうが正しいと思います。

計画的に作った町。公的住宅が25%を占め、土地利用、施設計画もすべて計画通りの町です。しかし、当初の計画が大きく違ってき、時の変化に対応できなくなってきた現実がたくさんあります。それらに対応するために「ニュータウンの再生」というテーマが大きな課題になっています。

こんな時に、府は泉北ニュータウンの全てから「手をひく」(もちろん府営住宅などの事業はありますが)ことになっています。そしてこのたび、ニュータウン関連の最大の事業である泉北高速鉄道からも「手をひく」ことをやってのけました。しかも鉄道会社の保有株を売り、数百億円の利益を手にして、です。

橋下―松井知事・維新の会がすすめる「自治体の民営化」という道は、府民の財産をどこに持っていこうとしているのでしょうか。

「泉北鉄道株式売却の利益は、泉北ニュータウンの町と住民のために使え」という運賃値下げ運動での私たちの主張はいよいよ大事になっていきます。

大阪府の泉北ニュータウンからの“逃げ得”は許さないぞ!

2014年3月 9日 (日)

「あべの橋」が可哀そう

「あべの橋」が可哀そう。
3月7日、あべのハルカスがグランドオープン。「高さ日本一、300mの立体都市がオープン」と賑わっています。 ところが……

●あべの橋の下は川が流れんと電車が流れてるーー天王寺で生まれ育った昔、よく言いました。 ところが、そのあべの橋の名板が張られた欄干があまりにも哀れです。誰にも見られることなく、ゴミ箱と工事鉄板に隠されているのです。●大量の車が通行し、電車が流れ、誰も橋とは思わない「あべの橋」ですが、その名をもっとしっかり掲げてあげたい。
●大阪の名は「八百八橋」。この名が泣きます。

(写真は容量を小さくして、あとで掲載します)

あれから3年。  持続的な支援こそ

もうすぐ東日本大震災から三年目。復興が遅々として進まない。
●発生から二ヶ月後に日本共産党大阪府委員会から岩手県陸前高田市にボランティアとして参加し、その後二回、支援物資を届けるなど被災地を訪れた。小高い山手の田畑にも海の物が埋まっていて、手作業で清掃。 漁業のロープをまとめる作業は気が遠くなった。●最初の訪問の時、こんなことをやって再出発の手助けになるのか?とむなしい気になったこともあった。でも水産加工を営むKさんにとっては、ここから始めるしかなかった。今は仮設住宅に住みながら、事業を再開しておられる。●壊滅した陸前高田市街は地盤のかさ上げで新しくまちづくりをすすめるとのこと。しかし全国にばらばらになった地権者の同意はたいへんなことで、あらたな法律を国に求めていると、党議員の藤倉泰治さんは民主新報で報告されている。●ガレキの整理はすすんでいるでしょうが、三年間取り残されたままだ、との思いを持つ人は多いよう。写真をみながら、持続的に「連帯、寄り添う」活動をやっていかねばと思う。ぜひ、被災地を訪ねたい。

2014年1月19日 (日)

さよなら原発 泉北ニュータウンデモ

18日、泉北ニュータウン泉ヶ丘駅前の噴水広場に集まり、「さよなら原発! 大飯原発再稼動反対!」のアッピールをしました。
各地から原発の再稼動への動きが出ているなかで、これを許さず「原発ゼロ」を求める意思表示をしようと、今年最初の泉北ニュータウンでの行動でした。
100人が集まり、集会とデモをしました。
Dsc_0017

2014年1月 5日 (日)

新年も さよなら原発! 

1512670_270530619764359_2065907112_今年も故郷から遠く離れて新年をむかえなければならない多くの人たちがおられます。 こんなことを許してはいけない。 こんなことを繰り返してはいけない。 新しい年の誓いの場です。

2014年1月 3日 (金)

新年明けましておめでとうございます。

新年明けましておめでとうございます。 今年もよろしくお願いいたします。
元日は恒例の、泉北ニュータウンー多治速比売神社(たじはやひめ)前での新年宣伝。城勝行ーげん中みおこ両堺市議、党支部、後援会の皆さん総勢20人で元気よく、「2014年を笑顔と希望あふれる年に!」と挨拶しました。
初詣の皆さん、焼き芋売りのおっちゃん、交通整理の警備員さんらからも激励いただき、気持ちいい新年のスタートをきりました。

1488012_397103500435813_1949997103_ 944831_397103533769143_1785363600_n

«維新の会「崩壊のはじまり」を見た